風俗で浴衣をむさぼる

風俗で浴衣をむさぼる

浴衣(ゆかた)とは、素肌の上に着る和服の一種です。
文字からも分かる様に、元々は沐浴するための衣だったそうです。
何故「ゆかた」と読むかと言うと、元々は原型が湯帷子(ゆかたびら)だったからだとされています。
現代では、普段着として自前の浴衣を着ている人はあまりいませんが、旅館やホテルでは、滞在中に用意されている浴衣を着るのが当たり前の風習となっています。
また、夏になると祭りや花火大会に行く際に、気分を盛り上げ、日本文化を楽しむために着る人がいますね。
浴衣を着た人を見かけると、日本の夏を感じることができます。
若い女の子の浴衣姿は本当にいいですね。
胸元がはだけていたりなんかすると、もう堪りません。
さて、当サイト「風俗で浴衣をむさぼる」では、浴衣の魅力はもちろんのこと、浴衣の歴史や入手方法、さらに浴衣を思う存分に堪能できるおすすめの風俗の紹介もしています。

最高の浴衣コスプレが楽しめる横浜の人気風俗

浴衣のコスプレが思う存分に楽しめるのが横浜にある風俗のモンデミーテです。
横浜モンデミーテはその名前からも分かる様に、巨乳・爆乳の女の子だけを集めた店舗型のヘルスです。
おっぱいの大きな女の子に浴衣が似合うのは説明するまでもありませんね。
浴衣の襟から覗く胸元を拝めれば、一瞬でオッキオッキしてしまいます。
また、浴衣の中に手を入れて揉みしだくなんて、想像しただけでもヨダレが出てしまいますね。
横浜モンデミーテは、関内からも歩いていける曙町の箱ヘル型風俗です。

↑ PAGE TOP